業界ニュース
今週 先週 2週間前
     
6月20日開催から新ヤード稼働
当面は売切り車を配置予定
ベイオーク
(06/18 16:32)



























 ベイオーク(塩原淳平社長)は、このほど会場至近に新ヤードを取得。6月20日開催のオークションから稼働する。
 同AAにとって4番目の新ヤードは、南港ポートタウン線フェリーターミナル駅前の好立地。敷地面積は約1644坪で、乗用車350台を収容可能。会場からほど近く、来場者駐車場からは徒歩2分と下見もしやすい。
 同社では、今年2月中旬に大阪市港湾局から取得し、6月初旬に整地工事を完了した。当面は、売切りブロックの出品車を配置する予定。なお、新ヤードの稼働によって、同AAのキャパシティは最大3100台へと拡大する。


靴下詰め放題イベントが好評

 ベイオークは、6月13日に開催したAAで「靴下の詰め放題イベント」を実施。多数の会員が参加した。
 これは、父の日を前に、父親を応援する目的で企画したもの。AA会場のイベントとしては珍しい試み。参加した会員からは「会場でこんな事をしたのは初めて」「2年分くらい詰められた」などと好評だった。


写真上・写真手前の整地された敷地が新ヤード
写真下・靴下の詰め放題を楽しむ会員ら

運営者について プライバシーポリシー 広告掲載について
Copyright(C) ユーストカードットコム. All Rights Reserved.