業界ニュース
今週 先週 2週間前
     
今期最多の出品、成約、成約率に
AA40周年大記念&SUAA近畿
ベイオーク
(02/20 18:04)


















 ベイオーク(塩原淳平社長)は、2月14日に開催した「AA40周年大記念&SUAA近畿ジョイントAA」で、今期最多の出品3235台を集めた。
 これは、前身の大阪南港中古自動車協同組合がオークションを開始して以来、40周年を迎えたことを記念したもの。毎年、この周年AAは年間4大イベントのひとつとして盛大に実施しており、今回も多くの出品車と参加者で賑わった。
 セリ前のセレモニーでは、三桝暎子総合企画本部部長が「多くの会員に支えられ、40周年を迎えられたことに深く感謝したい」と謝辞を述べたほか、秦健二会場長が「今後も会員の期待を継承できるよう、要望や時代の変化に対応できるスピード感を持って50周年、60周年へ努力していきたい」と挨拶した。
 当日は、出品全体の87%が新規搬入車で占められるなか、活発な取引を終日にわたって展開。とくに、過去3ヵ月以内に出品歴のない新鮮組は成約率87.6%、SUAA近畿は同77.3%と過去最高レベルを記録するなど、高水準なセリとなった。この結果、成約2471台、成約率76.4%、単価72万5000円の好実績を収め、成約および成約率も今期最高値を更新した。
 一方、ベイオークでは現在、オーストラリア、台湾旅行に招待するポイントラリーを展開中。オーストラリアは3月28日まで、台湾は落札ポイント限定で4月25日までの取引を対象に、各40社を招待する。
 今年1月に同企画を開始して以来、これまで取引数の少なかった会員からの出品がとくに増加。同時に成約も伸びており、セリの活性化に結びついている。


写真・当日のAAでは新規搬入車が出品全体の87%に

運営者について プライバシーポリシー 広告掲載について
Copyright(C) ユーストカードットコム. All Rights Reserved.