業界ニュース
今週 先週 2週間前
     
新選組30ブロックは成約率77.9%に
AA41周年大記念オークション
ベイオーク
(02/14 12:39)




























 ベイオーク(塩原淳平社長)は、2月6日に開催した「AA41周年大記念オークション」で出品2812台を集荷。今年度3回目の2800台超えを記録した。
 このイベントは、前身の大阪南港中古自動車協同組合がオークションを開始して以来、41周年を迎えたことを記念したもの。年間4大イベントの一つとして盛大に実施しており、今回も多くの出品車と参加者で賑わった。
 セリ前のセレモニーでは、和泉英雄部長が「41周年を迎えられたことに深く感謝。今年はスピードと挑戦を経営方針に掲げ、会員に一層必要とされる会場をめざしていく」と挨拶した。
 当日は、小売り向けの仕入れを主体としたニーズの高い出品車で占められるなか、終日にわたって活発な取引を展開。
 とくに、過去30日以内に出品歴のない「新鮮組30」ブロックは131台で成約率77.9%、同60日以内に出品歴のない「新鮮組60」ブロックは396台で74.0%となり、全体実績を牽引した。なお、AA結果は成約1802台、成約率64.1%、単価66万7000円の好実績を収めた。
 一方、ベイオークは3月6日に開催2000回を迎える。当日は、この大きな節目を記念した特別企画を用意。会員に感謝の意を示すとともに、年間最大の需要期に合致した出品車を多数、取り揃える。


写真上・会場1階を高級感ある内装にリニューアル
写真下・大好評の「北海道物産展」


運営者について プライバシーポリシー 広告掲載について
Copyright(C) ユーストカードットコム. All Rights Reserved.